ニュージーランド松・太陽光発電システム・プレハブハウス 株式会社オービス~太陽光発電~住宅用(10kW未満)

ホーム > 事業内容 > 太陽光発電 > 住宅用太陽光発電(10kW未満)

オービスの太陽光発電
住宅用太陽光発電

一般のご家庭の屋根に太陽光発電を載せたい。

ご家庭の屋根にぜひ太陽光発電を。

ご家庭の屋根に太陽光発電を設置することで、昼間は発電した電気を使って電気代を節約できます。

また、使わなかった余剰電力は電力会社に1kWhあたり30円・税込(出力制御対応機器設置義務あり)で10年間売電することができます。

住宅用太陽光発電設備(3.75kW)の収支シュミレーション

3.75kWシミュレーション

1kWあたり30万円で試算すると


発電出力
3.75kW
設置場所
広島県福山市
設置形態
屋根置き・瓦屋根
設置方位・傾斜角
南向き・20度
パネルメーカー
パナソニック
初期投資額(税込)
1,125千円
年間発電量推定値
4,638kWh
内年間自己消費量
1,855kWh
自己消費節電額
46千円
予想売電収入(年間)
83千円
投資回収年数
約9年
  • 上記は、当社標準施工による太陽光発電システム建築費用(太陽光発電モジュール、パワーコンディショナー、接続箱、集電箱、架台、配線ケーブル、設置工事費)をもとに初期投資額を算定しています。設置場所、施工方法、原材料仕入価格等条件により価格は変動いたします。
  • 予想売電収入は、平成29年度買取価格30円・税込(出力制御対応機器設置義務あり)をもとに算定しています。
  • 投資回収年数の収支には、メンテナンス費、修繕費その他ランニングコストを含んでおりません。
  • 住宅用太陽光発電は余剰電力買い取りのため、発電量から自己消費量を年間1,855kWh消費したと仮定して売電金額を算定しております。
  • 自己消費量節電額とは、太陽光発電を設置していなければ1kWhあたり25円電気代を払っていると仮定して計算しております。
  • 11年目以降の買い取り価格は未定のため、1kWhあたり25円で計算しております。
  • 年間発電量推定値は、MONSOLA-11の気象データを基に算定しております。
  • 上記発電量及び売電収入は、あくまでシミュレーションによるものであり、発電量、収入を保証するものではありません。

小規模アパート・マンションの屋根を活用したい。~アパート・マンションオーナー様向け

小規模アパートの屋根を活用したい。

当社賃貸マンション実例のご紹介

設置年月
2011年4月
発電出力
9.88kW
設置場所
広島県福山市
設置形態
屋根置き・陸屋根
設置方位・傾斜角
南向き・30度
パネルメーカー
三菱電機
初期投資額(税抜)
4,660千円
補助金(国)
691千円
2012年発電量実績
13092.2kWh
内共用部消費量
1,781kWh/年
共用部消費節電額
45千円
2012年売電収入
517千円(48円/kWh)
投資回収年数
7.1年
9.88kWシミュレーション

年別・月別発電状況

2011年4月~12月
(9か月)
 発電量
9,413.1kWh
 月平均売電収入
43,256円(税込)
---------------------
------------------
2012年
(1年間)
 発電量
13,092kWh
 月平均売電収入
45,244円(税込)
---------------------
------------------
2013年
月別発電量
 1月
1064.9kWh
 2月
 929,6kWh
 3月
1280.4kWh
 4月
1289.1kWh
 5月
1478.1kWh
 6月
1079.8kWh
 月平均売電収入
49,904円(税込)
---------------------
------------------
26カ月累計売電収入
1,231,652円(税込)
  • 上記は2011年4月設置の当社の賃貸マンションサザンパレスの太陽光発電設備の発電量及び売電金額の結果を基にデータを表示しております。
  • 売電価格は、1kWhあたり48円で計算しております。
  • 投資回収年数の収支には、メンテナンス費、修繕費その他ランニングコストを含んでおりません。
  • 将来事項については、2012年のデータを基にシミュレーションを行っております。
  • 共用部消費節電額とは、太陽光発電を設置していなければ1kWhあたり25円電気代を払っていると仮定して計算しております。
  • 11年目以降の買い取り価格は未定のため、1kWhあたり25円で計算しております。
  • 上記発電量及び売電収入は、あくまでシミュレーションによるものであり、発電量、収入を保証するものではありません。

あまった電気は売ることができます。

あまった電気を売ることができます。

太陽光発電は、昼間に最も発電量が上昇します。


昼間に使い切れない電力(余剰電力)は、売電メーターを通して電力会社へ売ることができます。


平成29年度の住宅用の1kWhの買取価格は30円(税込)です。


買取金額は、電気代から相殺されることなく、電力会社より別途振込により支払われます。

お問い合わせから発電開始までの流れ

お問い合わせから発電までの流れ   

経済産業省の設備認定は申請から1ヶ月~2ヶ月程度かかります。

電力会社の電力需給契約申込及び系統連系申込の手続きは1週間~1ヶ月程度かかります。

電力会社の検討結果が明らかになってからの着工となります。


メール・お電話によるお問い合わせ

お問い合わせ
 

太陽光発電に関するご相談・お見積り・お問い合わせはこちら